今回は赤本(過去問)について書きたいと思います。

過去問いつやりますか?


勉強してから実力を試すために使うというあなた、危ないです。

過去問は受験直前に実力試しでやるものではありません。

直前まで過去問に手をつけないのは自殺行為です。



過去問は大学側がどのような問題が解ける生徒が欲しいかというのを表しています。

なので分析するとその大学が求める生徒像がわかります。


そして出題される分野、傾向、難度の傾向が分かるので

受験勉強のゴール(どのくらいの問題をどのくらい解ければ受かるのか)が見えてきます。



受験は偏差値が高ければ受かる訳でも学力が高ければ受かるのでもありません。

受験の日のテストでえ合格点以上を取れば受かるのです。


なので過去問分析はしっかりやってください。


過去問をやらないで勉強する事は地図もなしに目的地を目指すものです。

しっかり過去問を分析する事で何をやれば良いかわかり、最短で目的地まで行けます。

そしてよく『一度出た問題はもう出ないから意味がないでしょ』

みたいなことを言う人がいますが、それは違うと思います。

考え方としては同じような問題は良くてますし、

やることにより受験本番を想定した自分の苦手な分野も浮き彫りになって来ます。

 
時期としてははやければはやいほどいいのですが、基礎が0だと見てもわからないので、

最初は赤本にのってる問題の傾向的な所を読みぱらぱら問題を見るくらいでいいと思います。
(もちろん実際に1年分くらいやるにこしたことはありません)


ある程度基礎が固まってきたら、実際に問題を解いて、

わからなかった所を別の参考書で調べたりして、

その大学の問題形式や、傾向に慣れつつ自分の弱点を克服していってください。


過去問は最良の問題集です。

そして受験は過去問にはじまり過去問に終わるという言葉もあるくらいです。

という訳で志望校が決まったらすぐにでも過去問分析を始めてください。
(併願校はある程度実力がつくまでは、ぱらぱら見て傾向を見るくらいでいいと思います。)


ちなみに大学によっては別の出版社から青本とかも出ていたりするので、

そういうのが出ている場合は解説や分析が違うので買ってみる事をおすすめします。