進振りとは2年生や3年生にあがる時に学部や学科を決めるシステムです。

有名な所で行くと
東京大学(3年時に学部・学科を決める。)
東京工業大学(学部は入学時、2年時に学科を決める)
慶應大学理工学部(2年時に学科を決める)
早稲田大学基幹理工学部(2年時に学科を決める)

等があります。

東大では2年間教養を勉強して、その他の大学では1年間教養を勉強してから

成績順に学科を決める事が出来るシステムです。


今やりたい事がわからない人は大学に入ってから進路を決められる一見夢のようなシステムです。

しかし注意が必要です。
あなたの行きたい学科が人気だとやりたい事が見つかっても出来なくなって

全く興味のない学科に所属する事になるかもしれないのです。


東大をはじめ上記に挙げた大学に通う人は優秀でやる気のある人が多いです。

そういう人が情報を集めて(どの授業が点をとりやすいか、過去レポ、過去問)

高得点を目指してくるのです。

中々大変ですし、入試と違って採点基準が不公平だったり(取る科目や先生による)

思い通りにいかない事もあります。

たいていやる気が最後まで続けば行きたい学科には行けますが注意が必要です。


しかしながら勉強して実際に先輩の話を聞いたり、授業を受けたり、研究室を見学に行ってから

進路を決めれる効果は物凄い大きいです!!また他学科の友達も多くなります!

まだやりたい事が決まっていない人は

そういう大学を目指すという選択肢もあるという事を知っておくと良いと思います。