物理は覚える事が少なく、短期間で実力が付くお得な科目です。

しかしなんとなく問題を解いていているとある所で伸び悩むことになり、

ちょっと複雑な問題が出てしまうと、

テスト会場でもミスをしたり悩む事になります。


物理の勉強で一番大事なのは普段からなんとなく問題を解かない事!

これだけで物理ができるようになりますし点数が安定します。


具体的な話をすると以下の2つです。



1、何が起きているかしっかりと理解する

物理という科目は問題の状況設定を読み、

どういった力が働いてどういう現象が起きているかという

状況を正確に理解して、それに対して式を立てて解くという科目です。


ただ公式に当てはめるだけでも簡単な問題は解けてしまいますが、

状況が複雑になるとそうはいきません。


複雑な状況でもひとつひとつ起きている現象を正確に把握出きるように

しっかりと理解する事が大切です。


これに関しては鉄緑会物理攻略のヒントが素晴らしいです。

受験生が陥りやすい疑問や間違えやなかなか納得のできないわかりにくい所を

しっかりと説明してくれる良書です。

鉄緑会というと東大受験専門で難しいみたいなイメージがありますが、

この本は基礎からで万人に勧められます。


以前物理のオススメ参考書で紹介した参考書も

勘違いしやすい状況や複雑な状況に対する説明がしっかりしているものだけです。



2、思いつきで解かない(体系立てて解く)

適当に思いついた順番で物体に掛かる力を書いていると漏れがあったり、

何が起きているかわからなくなります。

そういう勉強をしていると解けたり解けなかったりで、

何が悪いのか分からなくなってきますし、

複雑な設定の問題で訳がわからなくなります。(体験談です)


きっちり順番を決めて解けばそういう事もなくなりますし、

理解が曖昧な部分もなくせます。


力学だったら、

1、まず座標を取り、

2、常に働く力(重力)を書き、

3、接触している部分をチェックしそこに働く力(垂直抗力、摩擦力、張力)を書く。


更に物体を切り離してそれぞれで働いている力を書く習慣を付けると

より間違えにくいし、何が起きているか理解しやすいです。



こう言う風に解いていけば、ミスも減りますし、

勉強している段階で複雑な状況の問題で

何が起きているかしっかり理解出来ます!


この2つを気を付けながら勉強するだけで物理の実力はガンガン伸びます。

是非試してみてください♪