理系受験の超勉強法

今後の人生を大きく左右する受験。 しかし受験勉強はただ闇雲にやればいいというものではありません。 1年で偏差値50以下から東工大、早稲田理工学部等に受かった自身の経験から志望校合格を目指す人へ向けて勉強法やおすすめの参考書や問題集等を紹介するブログです。理系大学生活、研究室の実情や理系としてのキャリア(就活)についても紹介します。

その他受験に有益な情報

人間の集中力は90分が限度と言われています。

実際には集中力は90分なんて中々続きませんし、

1日に何回も90分も集中するのは至難の技でしょう


それは根性とかの問題ではありません。

後何分頑張るとか思っている時点で集中力は切れているのです。

もちろん根性で勉強を続ける事は出来るでしょうが恐ろしく能率は落ちます!


でもすぐに集中力が切れてしまっていては勉強が進みませんよね??

どうすればいいのでしょうか?続きを読む

早くスタートを切るのは有利そんなのは当たり前と言われています。

しかし浪人した人で成績が上がるのは2割~3割と聞いています。

多くの人は現状維持または現役時よりも成績が落ちてしまいます。


その一方で浪人して成績があがり大学に来た人はかなり優秀でした。

何がこの差をわけるのでしょうか??


また早くから勉強している人が必ずしも成績があがるというものでもなく、

意外と遅くはじめた人が直前にぐぐっと成績をあげて受かってしまったりします。

何故でしょうか??

続きを読む

かなり前ですが東大合格生のノートは必ず美しい

が話題になりましたよね。

実際読んで綺麗なノートだなと感心しましたし参考になる部分もありましたが、

勉強においてましては受験において綺麗なノートは必要ないと断言出来ます!!

実際東工大に入ってみると周りの人間はノートを取らなかったり、

取っても読めない字で殴り書きしている人ばっかりでした。

 ノートをコピーさせて貰っても読めない事は日常茶飯事(ってどうでもいいですね)


またノートを取る際には板書や内容をまとめる必要もありません!!

 続きを読む

進振りとは2年生や3年生にあがる時に学部や学科を決めるシステムです。

有名な所で行くと
東京大学(3年時に学部・学科を決める。)
東京工業大学(学部は入学時、2年時に学科を決める)
慶應大学理工学部(2年時に学科を決める)
早稲田大学基幹理工学部(2年時に学科を決める)

等があります。

東大では2年間教養を勉強して、その他の大学では1年間教養を勉強してから

成績順に学科を決める事が出来るシステムです。


今やりたい事がわからない人は大学に入ってから進路を決められる一見夢のようなシステムです。

しかし注意が必要です。
続きを読む

受験勉強をやっているとどうにも気分が乗らなくなる事は絶対あります

そんな時、気分転換や息抜きをしないと先には進めません


そこで無理をして、余計やる気を失ってしまったり効率の悪い勉強をすることはありませんし、

誰でもある事なので悩んだり落ち込むことはありません!

息抜き、気分転換も含めての受験生活です!そこは割り切ってポジティブに気分転換しましょう!


だからといって思いっきり遊んだり、完全にオフにしてしまうと

元の状態に戻るのは難しいです。(本当に行き詰まった時だけにしたいですよね・・・)


しっかり疲れをとったり、やる気を出して勉強に戻るにはどうすればいいのでしょうか?

いくつかおすすめの方法を紹介します♪


続きを読む

勉強で基礎は大事という言葉を良く聞きますよね。。。

そんなのわかってるよって耳にタコが出来るくらい聞いたのではないでしょうか?

では勉強の基礎ってなんだと思いますか?

続きを読む

やりたい事をしっかり考えて将来を決めろってよく聞きますよね

実はこの言葉は正論だけどなんの役にも立たない話です。

高校生でこれがやりたいって決まっている人は幸運な人です。

まあ決まっている人考えれる人はこの言葉をそのとおりって思って聞き流していいんです。

しかし大多数の人は、いくら考えてもわからないのではないでしょうか?

こういう正論だけど役に立たない言葉に翻弄されてはいけません続きを読む

↑このページのトップヘ