理系受験の超勉強法

今後の人生を大きく左右する受験。 しかし受験勉強はただ闇雲にやればいいというものではありません。 1年で偏差値50以下から東工大、早稲田理工学部等に受かった自身の経験から志望校合格を目指す人へ向けて勉強法やおすすめの参考書や問題集等を紹介するブログです。理系大学生活、研究室の実情や理系としてのキャリア(就活)についても紹介します。

勉強法

人間の集中力は90分が限度と言われています。

実際には集中力は90分なんて中々続きませんし、

1日に何回も90分も集中するのは至難の技でしょう


それは根性とかの問題ではありません。

後何分頑張るとか思っている時点で集中力は切れているのです。

もちろん根性で勉強を続ける事は出来るでしょうが恐ろしく能率は落ちます!


でもすぐに集中力が切れてしまっていては勉強が進みませんよね??

どうすればいいのでしょうか?続きを読む

化学は覚えなくてはならない事が多く大変な科目であるが、

理系の大学に行くには、理系として生きていくには必要不可欠な事が多いです!!

覚える事が大変な反面、安定した点数を取れるようになる科目でもあるので

効率よくしっかりと身につけましょう♪

勉強方法のコツは

1、参考書で全体をさらっと何度も見る

2、問題集を解き(答えを見ながらでもok)わからない事は参考書で調べる

3、暗記する事はなるべく問題を通して覚える


勉強する順番はよく言われている事ですが、

理論化学→有機化学→ 無機化学

がオススメです。続きを読む

問題集どうやって使っていますか?

勉強出来る時間は有限、効率良くやる事は受験においてとても大事です。

おすすめの使い方は

答えを見てから解くという方法です。

問題集なのに答えを見たら意味ないじゃないかって?

そんな事はありません!特に短期間で出来るようになろうと思ったらこれしかないなと最近思っています。

具体的な方法を説明します!

続きを読む

人に教えると教えられた人より教えた人の方が勉強になります。


人に教える事により頭が整理されて理解が深まるのです。

だから勉強が出来るようになりたかったら教えればいいのです。

とは言っても教えて欲しがる人が都合良く周りにいる事は稀でしょう。

だから一人でぶつぶつ説明すればいいのです!!笑

用語の説明でも、問題の説明でも!

なるべく簡潔に話せるようにしましょう!続きを読む

数学は差が付き易い科目で配点が高いことも多いです。

数学ができる人は理系では(そして一部の文系でも)超有利です。

自分なりに数学には多くの時間を費やして来て、数学得意な人を見てきて

勉強法とはちょっと違った視点から数学が得意になるコツを発見しました。

今回は3つ紹介します!!


1、字は汚く書け!
続きを読む

受験には様々な科目があります。

その中で自分がしっかりと勉強した4科目(数学、物理、化学、英語)

を分析してみました。


+おまけで参考程度に生物、国語、地理もある程度触れます。

ここでは触れていないですが歴史は理系の人はお勧めしません。


何故なら覚える事が多く、

また文系のしっかり勉強している人向けに

テストが作られているからです。
(センターの平均点はどの科目も一定を目指しているので競争率高い教科は不利です。)


現代社会は無勉でもある程度取れるので受験をお勧めします。

倫理も高得点が狙えてなかなか良いみたいです。

続きを読む

受験をするにあたって暗記は避けられません。

英単語も文法も用語も解法も公式も最低限は覚えなくてはいけません。

公式とかは理解するのが大事で暗記する必要ないという主張をしている人もいますが、

個人的には理解した上で暗記する必要のある公式と、理解しなくてもよくただ暗記すれば良い公式が大多数を占めていると思っています
(もちろんこんなのすぐ導けるから暗記する必要ないという公式もあります。)


公式以外においても同様です。

私自身めちゃくちゃ記憶力悪くて凄い苦労して色々調べ試行錯誤しました。(未だにしています笑)

という訳で学んで効果のあった暗記をするコツを紹介します!!


続きを読む

↑このページのトップヘ