理系受験の超勉強法

今後の人生を大きく左右する受験。 しかし受験勉強はただ闇雲にやればいいというものではありません。 1年で偏差値50以下から東工大、早稲田理工学部等に受かった自身の経験から志望校合格を目指す人へ向けて勉強法やおすすめの参考書や問題集等を紹介するブログです。理系大学生活、研究室の実情や理系としてのキャリア(就活)についても紹介します。

自信

以前、東工大生のノートはなぜ美しくないのか ノートの凄いコツ!という記事で

・ノートは汚く書いた方が良い
・授業の板書を取る必要なし
・ノートに勉強した事をまとめるな

と言った事を書きました。


黒板を写したり、後で見返すために勉強した事をまとめたり、

丁寧に問題を解いたりするのは効率が良くないと言っただけで

ノートを否定している訳ではないんです。


むしろ何かを理解しようとする時、問題を解く際に考える時

ノートを使う事をおすすめします。

ノートを使って勉強する事で効率が上がります。

何故なら頭で考えるのって難しいからです。


何かを覚えながら物事を考えるとその何かを忘れてしまったり、

考えるのに集中出来なくなります。

論理的に考えていっても

どういう道筋を辿ったかわからなくなる事もありますし、

同じ事を何度も繰り返し考えたりしてしまいます。


雑にでも考えの途中をメモっていけばそういう心配もなくなりますし、

理解の助けになります。

これならただの紙で良いではないかと思うかもしれません。

ただの紙でも良いのですがノートをオススメします。

その理由は2つです。

続きを読む

勉強ってなんとためにするか考えてしまいますよね。

他に色々やりたい事あるでしょうし、

何の役に立つのかもわからない学校の勉強なんかして約に立つの?

って思うのももっともだと思います。



正直いってしまうと勉強した事で将来直接的に将来役立つ事はありますが一部だけです。

ただ、勉強した内容がどこかで繋がっていたり、

成績があがった事によりやれば出来ると自分に自信が付きました

考える力がついたり、勉強して本当に良かったなと思いますし、

勉強のメリットをしってしまったので私は未だに勉強を続けています。



しかしそれ以上に知っておいてもらいたいのは

同じ努力をしても報われやすい時期と報われにくい時期があるという事です

そして大学受験というのは人生で1,2を争うほど努力が報われやすい時期です。

ここで努力するだけで人生の選択肢が一気に広がります。


続きを読む

↑このページのトップヘ