理系受験の超勉強法

今後の人生を大きく左右する受験。 しかし受験勉強はただ闇雲にやればいいというものではありません。 1年で偏差値50以下から東工大、早稲田理工学部等に受かった自身の経験から志望校合格を目指す人へ向けて勉強法やおすすめの参考書や問題集等を紹介するブログです。理系大学生活、研究室の実情や理系としてのキャリア(就活)についても紹介します。

難関大

東工大に入って驚いたのは英語が出来ない人が多い事です。

センター試験で英語6割台の人も結構いて、

入学して受けるTOEICも400点台はざら、中には300点代、200点台もいました。 

(TOEICは平均点580点くらいのテスト、ほぼ4択問題で990点満点なので適当にマークして250点程度)

そういう人は国語とかも出来なくてセンター7割ぴったしくらいというのを何度か聞いています。


それでも東工大に入って来るのですから、

『英語が出来なくても理系科目が出来れば東工大に入れる』も

『センター試験失敗しても二次試験科目の割合が大きいから東工大なら入れる』

も本当です。


けれど、これを鵜呑みにしてはいけません。
続きを読む

今まで勉強してこなかったけどこのままじゃ駄目だ!

今の成績は全然駄目だけど、

本気で頑張って難関大学に逆転合格したい! 人生を変えたい!

と思って受験勉強をはじめる人って結構多いと思うんです。

私も完全にそうでした。


私の場合、高2の冬に受けた進研模試(偏差値が高くでやすい)で総合偏差値50以下から

受験勉強を始めて1年足らずで

東工大や早稲田に合格したので逆転合格と言って良いと思います。


勉強法も試行錯誤も多く迷走してました。

知らなくて損したなという事もあります。

やる気を失っていた時期もありました。


上手く出来たなと思う部分もありますし、

今思うとまだまだ全然出来たかなと思っています。
(それらの事をブログに書いています)

続きを読む

若者の学力低下みたいなニュースをたまに見ますが、

有名大学や難関大学は難しくなっているんじゃないでしょうか。

現に受験生の数は減っている中で一部大学の倍率は上がっていっています。


昔は進学校や有名塾に集まっていたような情報が
(例えば、大学やその後のキャリア、受験情報、勉強法)

インターネットにより誰でも簡単に集められるようになったことや

同じような境遇で有名大を目指して勉強している人が

いっぱいいる事といのが目に入るようになった事、

受験関連のニュースや記事は有名大や難関大に関するものが多いので

注目度が更にあがった事が大きいと思います。


そしてネットだけでなくドラゴン桜の影響も大きいと思っています。

世の中の仕組みや考え方、勉強法等はとても参考になりますが、

それ以上に東大は簡単だ!っていう考え方を浸透させたのが大きかったと思います。



続きを読む

数学は最低限解いて、

他の得点が安定する科目で合格点を取りに行くのが

安定した守りの受験ならば、


数学で高得点を取って他の受験生を突き放すのが攻めの受験です。

もちろん数学も高得点で他の科目も取るのが理想です。

そして中にはそういう事が出来る人もいます。


しかしほとんどの人にとって志望校はギリギリの勝負になります。

数学で高得点が取れれば理系大学の受験においては一気に有利になります。

数学を制する物は受験を制する といっても過言ではない。


そんな数学を勝負科目にする人のために、

難しいけど確実に身になる (ただ難問・奇問を集めた問題集は受験には役にたちません)

オススメの参考書・問題集を紹介します。続きを読む

↑このページのトップヘ